Warning: Declaration of cy_search::widget() should be compatible with WP_Widget::widget($args, $instance) in /home/hanatokingyo/hanakingyo.com/public_html/wp-content/themes/Infinite/widget/widget-search.php on line 17
デング熱は2015年も流行る?!対策や予防法は?ワクチンはあるの? | 華to金魚のメモ帳

デング熱は2015年も流行る?!対策や予防法は?ワクチンはあるの?

スポンサードリンク
    こんにちは♪ニュースを見ていたら今年もデング熱が流行るかも?!と言う情報を見かけたのでコレは大変!デング熱の事忘れちゃった!っと思い...

 

 

蚊

こんにちは♪ニュースを見ていたら今年もデング熱が流行るかも?!と言う情報を見かけたのでコレは大変!デング熱の事忘れちゃった!っと思いましたので早速メモしておきますね

スポンサードリンク

 

 

 

デング熱とは?

そもそもデング熱とは

熱帯・亜熱帯地方で主にみられるウイルス感染症で

原因はデングウイルスです

人はデングウイルスに感染した蚊に

刺されることによって感染します

蚊を介して感染するもので人・人感染はしません

 

 

 

媒介生物はヤブカ属の中でも特に

ネッタイシマカ(Aedes aegypti)

ヒトスジシマカ (Aedes albopictus)

などの蚊によって媒介されます

蚊

 

デング熱について

1779年くらいからウイルスが原因であることや

伝染経路について解明されたのは

20世紀初頭なんだそうです

 

 

熱帯・亜熱帯地方の感染症が

第二次世界大戦以降 世界的に広まり

1960年代から急激に増加しています

 

 

現在では110か国以上で毎年およそ5,000万人から

1億人が感染する風土病となっています

 

 

その原因として急激な都市化や温暖化が関与している

と考えられています

 

 

そして2014年8月より

日本国内でデング熱に感染したことが

確認された患者が報告されています

 

蚊

 

 

デング熱の症状は?

蚊に刺されてからの

潜伏期間は3日~14日ですが

① 3~7日程度で高熱

② 頭痛・目の奥の痛み・関節等の症状

が現れます

 

 

更に人によっては

③ 食欲不振・腹痛・吐き気

嘔吐・脱力感・全身倦怠感

④ 全身のリンパ節のはれ

⑤ 発熱してから3〜5日目には

胸・背中・顔面・腕・脚などに

発疹が出ることもあるそうです

 

 

デング熱の検査・診断

海外への渡航歴がなくても

上記の症状が出現した場合は

デング熱を疑う必要があります

 

 

 

病院は指定の医療機関が無い場合は

感染症科や内科が良いでしょう

日本ではデング熱が発生するのが珍しいため

デング熱を心配している場合は

必ずお医者さんにデング熱ではないかと

心配している事を伝えた方が良いでしょう

 

 

 

こうすると誤診を招く事が少なくなり

もし感染していた場合でも早期治療ができ

デング熱の感染拡大も防げるかもしれません

 

 

 

また子供に感染している場合は

風邪や嘔吐・下痢と同じような症状になるようです

大人より症状が軽い事が多いようですが

しかし重症化しやすい危険もあるようです

 

蚊

 

治療方法

デングウイルスに対する治療薬はなく

対症療法が中心です

自宅で経口補水療法を行いながら経過を見たり

入院して点滴をしたりするようです

蚊

 

 

初期の段階では何よりも水分補給が重要!

なようですね!

 

 

 

予防の方法は?

デング熱のワクチンの開発を

2015年までに最初の製品の市販化を

目指しているようです

蚊

 

 

 

2014年は蚊の活動範囲が

50m~100mと狭いため

公園の蚊の駆除を行っていました

 

 

 

身近な予防法としては

① まずは発生した場所に行かない事

② 虫よけスプレー等の使用

③ 長袖・長ズボンなど肌を出さない

とやはり対処療法になるようです

 

 

 

しかしデング熱の発症確立は20%程度だそうです

ある公園で刺されて発症しなかった人が

他の場所で蚊に刺され別の人が発症すると言う

可能性は高いと言えます

 

 

 

まとめ

デングの発症率は先程も書きましたが

20%と低く発症しても重症化はしにくいようです

 

 

 

発病を疑われるような場所に行った場合や

海外に旅行に行っていて帰国後10前後で

疑われるような症状がある場合は

必ず医療機関を訪れると言う事が大切なようです

 

 

また季節が変わり冬になると

蚊は見かけなくなります

そうするとまた落ち付いてくるでしょうね

スポンサードリンク

こちらの記事も良く読まれています♪

PREV:金太郎(日本昔話)の結末は?実在モデルがいたって本当?!
NEXT:シワシワネームとは?例やキラキラネームとの違いをチェック!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です